iDeCo(イデコ) 企業型確定拠出年金 投資のいろは

運用商品ってどうやって決めたらいいの?決め方を教えて!

運用商品がたくさんありすぎて決められない?どうやって決めたらいいのかな。と質問を受ける機会も多いので、そんな悩みを解決できる記事を書きました。

ポイント

投資信託ってよくわからないんだけど!

運用商品ってどんな種類があるの?

運用商品ってどうやって決めたらいいの?

この記事を読み終えると上記ポイントが解決されるでしょう。
さっそくですが、見ていきましょう。

選べる金融商品って何があるの?

まず、選ぶことができる運用商品について確認しましょう。

運用商品は、積み立てるお金の元本が確保される商品と確保されない商品の2種類があります。

元本が確保される商品の代表例としては、定期預金や年金保険商品があります。

次に元本が確保されない商品として、投資信託があります。

 

定期預金は皆さんイメージがわくかと思いますが、投資信託を買ったことがない方も多いかと思いますので、次に投資信託について説明します。

そもそも投資信託ってなんなの?

投資信託とは、「投資家(皆さん)から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する金融商品です。

そして、その運用成果が皆さんそれぞれの投資額に応じて分配される仕組みとなっています。

投資信託の投資対象はどんな種類があるの?

分類(リスクの低い順)

それぞれの特徴

定期預金

決められた期間保有すると購入時に決まった利率分をもらえる

国内債券

国、地方公共団体や企業などが資金調達のために発行し、利払い日に利息をもらえ、償還日に額面金額が払い戻される

海外債券

国内リート

投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料や不動産の売買益を原資として投資者に配当される

海外リート

国内株式

会社に利益が出たときには配当がもらえたり、株式の価値が上った時は売却して利益を得ることができる

海外株式

バランス

債券や株式だけというひとつの資産に偏ることなく、複数の資産や市場へバランス良く投資する投資信託のこと

ターゲット・イヤーファンド

バランス型の商品の特徴に加え、老後やライフサイクルに合わせて、運用会社が自動的に債券や株式の配分割合を変更する投資信託のこと。若いうちは株式の割合が高く、定年年齢に向けて株式の割合を減らし、債券の割合を増やします。

結局どうやって商品を選んだらいいの ?

商品を選ぶために、3つのステップで解説していきます。

ステップ1:リスクとリターンの考え方を知る

まずはリスクとリターン(収益)の考え方を理解しましょう。

投資の世界でリスクとは、危険という意味ではなくリターン(収益)の振れ幅のことをいいます。つまり、リスクが高ければ、大きく収益を得る可能性もありますが、大きく損する可能性もあるということです。

当然、リスクがなく、大きなリターンが期待できる商品があればいいですが、世の中そんなに甘くありませんので、その点は肝に銘じてください。
ただし、投資信託も種類が違えば、同じリスクでもリターンが高い商品もあれば、リターンが同じでもリスクが低い商品もあります。当然、リスクが小さくリターンが高いものが望ましいことは言うまでもないでしょう。これら、リスクとリターンから見た投資信託の運用の効率を示す指標としてシャープレシオというものがあります。シャープレシオは((リターン-リスクフリーレート)÷リスク)の算式で表され、数値が大きいほど、運用効率が良いことを示します。商品を選ぶ際の一つの基準にしてもらえればと思います。

ステップ2:リスク許容度を知る

さて、商品を選ぶ方法として広く普及しているのが、自分自身がどれくらいまでならマイナスになっても受け入れることができるか(これをリスク許容度といいます)を知り、リスク許容度に応じた商品を選ぶというものです。

では、簡単にリスク許容度が無料で測定できるサイトを紹介しますので、リスク許容度を測定してみましょう。

【全国銀行協会⇒質問10項目で自分のリスク許容度が分かります】

こちら

 

【金融情報サービスを提供しているモーニングスター社】

こちら

 

いかがでしたでしょうか?

あくまで目安ですが、一定の参考になるとは思います。

なお、私の結果はどちらも積極型でした。

ただし、上記リスク許容度からの配分割合はあくまで目安であり、私の場合、確定拠出年金の運用商品は投資期間の長いことを考慮し、新興国株式100%で運用しています。リスクは大きいですが、20年後の新興国の成長を考えての選択です。参考にしていただければと思います。

ステップ3:手数料で見比べる

ここまででどの投資信託の分類に投資をすべきかがおおよそ分かったと思いますので、最後にその分類の中から商品を絞っていく方法を解説します。

決め方はシンプルで各分類の中から手数料が最も安いものを選ぶのが良いでしょう。

なぜならば、手数料が高ければ、せっかく投資信託で運用が成功していても、手数料によって元本が目減りしてしまうためです。

なお、ここでいう手数料とは、以下の3つの手数料のことです。

販売手数料

投資信託購入時に販売会社に支払う手数料のこと。イデコで選ぶことができる投資信託はほとんど手数料がかからないことが多いです。

信託報酬

投資信託を管理・運用するために支払う手数料のこと。積み立てているお金の〇%という形で毎日差し引かれる手数料でイデコの投資信託を決める上で最も重要な手数料。

信託財産留保額

投資信託を解約する時に支払う手数料のこと。イデコで選ぶことができる投資信託はほとんど手数料がかからないことが多いです。

おまけ

これら3つのステップ以外にも、「運用資産の大きさや推移」で見るということも有効です。実際に運用を行うファンドマネージャーからするとあまりに規模が小さい資産規模では思うような運用ができなかったり、また、急激にお金が増えたり減ったり(解約)しているようでは思うような運用も難しくなります。3つのステップで決めきれない場合は「運用資産の大きさや推移」というものも見てみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事のポイントをまとめると以下のようになります。

ポイント

リスクとリターンの考え方を知る

自分のリスク許容度を理解し、運用商品のカテゴリーにおける配分割合を知る

手数料が安い商品を選ぶ

最後に、基本的に投資をする以上、損したり得したり様々な場面に遭遇します。その際に、イデコの投資に関しては一喜一憂せず、気ままに運用していくことも大事だとことを心にとどめておいてください。そもそも、イデコで大きく儲けようとは考えず、利回り2~3%くらいで長期投資ができたらいいなぁ~くらいの気持ちが商品選びより大事かもしれません。

ちなみにこの記事を書いている時、私の資産もコロナウイルスの影響で大きく値下がりしていますが、どんどん積み増しで新興国を買っています。相場が下がっているときは、安く買えるチャンスと前向きに考えましょう。

では、また。

-iDeCo(イデコ), 企業型確定拠出年金, 投資のいろは

Copyright© タニヤマノボルが教えるiDeCo・年金ポータル , 2021 All Rights Reserved.