選択制確定拠出年金

このページでは、選択制確定拠出年金の概要や特徴に関して説明します。
比較的コストを抑えて確定拠出年金を始められることもあり、中小企業を中心に普及している制度です。導入を検討されている方はメリット・デメリットを含め、特徴を確認ください。

選択制確定拠出年金とは

選択制確定拠出年金とは、

  • 従業員が自らの給与を確定拠出年金に拠出するか

  • 前払い退職金として給与に上乗せして受取るか

 

を選択することのできる制度のことです。

設計の種類としては、以下のようなパターンが代表的です。

メモ

  1. 全員加入として、事業主が一定額を拠出し、従業員が任意で自身の給与(前払い退職金)から切り出して確定拠出年金に拠出する
  2. 任意加入として、加入したい従業員のみ加入し、自身の給与(前払い退職金)から切り出して確定拠出年金に拠出する

なお、2に関しては、会社は確定拠出年金の制度運営費のみの負担で年金制度を運営できるため中小企業を中心に人気が出ています。

選択制確定拠出年金の特徴

大きな特徴は以下の点です。

ポイント

  • 従業員の給与からの拠出部分は法令上「事業主掛金」とみなされることで収入に従業員の収入に含まれずに確定拠出年金の口座に拠出されること
  • 従業員の収入に含まれないため、従業員は拠出分が所得税と住民税の軽減に加え、社会保険料も軽減される可能性があること
  • 従業員の収入に含まれないため、会社の負担する社会保険料も軽減される可能性があること

ただし、社会保険料が軽減されるということは将来受取る年金額も減少することにつながりますので、「今」得をするか、「将来」損をするか、の違いです。
従業員の方で「今」を見すぎて、将来の年金額の減少することを理解できていない方もいますので、この点は会社が従業員にしっかりと説明をすべきポイントです。

マッチング拠出との違い

選択制確定拠出年金はマッチング拠出と良く似ていますが、マッチング拠出とは以下の違いがあります。

 

マッチング拠出

選択制確定拠出年金

掛金の法的区分

加入者掛金

事業主掛金

掛金の拠出限度額

事業主掛金と同額まで、かつ、事業主掛金と合算して法令上の限度額まで拠出可能

事業主掛金として拠出されるため、法令上の限度額まで拠出可能

税制上の区分

掛金は所得控除されるため、所得税と住民税が軽減される

事業主掛金として拠出されるため、給与減額となり、所得税と住民税に加え、等級が変わることで社会保険料が減額される

マッチング拠出も選択制確定拠出年金もそれぞれに良さがあり、甲乙つけがたい部分がありますので、会社ごとにどちらが合っているかを検討の上、決めるのが良いでしょう。

Copyright© タニヤマノボルが教えるiDeCo・年金ポータル , 2021 All Rights Reserved.